ヨーロピアン住宅と日本の住宅の違い

街を歩くと、豊田市でも輸入住宅が立ち並ぶ華やかな風景を見ることが多くなりました。日本の住宅も素晴らしい住宅ですが、大胆且つ魅力的なデザインに心踊る輸入住宅にも、私たちは憧れを抱きます。日本の住宅の輸入住宅にはどんな違いがあるのでしょうか。特に輸入住宅でも外国情緒が多く漂うヨーロピアン住宅について考えていこうと思います。ヨーロピアン住宅の外観は、大きな柱型、白い色調、煙突などが特徴です。建築の歴史の変遷として一番深い歴史を持つヨーロピアンは、住宅でも私たちの魅力を引きつける様々なことファクターを持っています。ヨーロピアン住宅の基本は、「石づくり」です。石を積み上げて大胆でありながら繊細で美しいデザインを可能にしていきました。日本は地震の多い国なので、石づくりの住宅を作ることはなかなか難しかったため、石づくりの住宅は歴史的にもあまり目にすることはありません。ヨーロッパは石づくりの家を建てて、それを何代にも分けて手入れをしながら大事にしていきました。日本も石づくりの家ではありませんが、藁葺き屋根の家、木造の家などを手入れしたり、少しずつ建て替えて生きながら家を大事にしてきたので、その辺りの想いは共通なのかもしれません。またヨーロピアンの住宅は外観的には日本の住宅とは違うようで、根底には快適な家を大事に維持していきたいという共通な気持ちがあったのです。