庭で家庭菜園をしたくて。輸入住宅の魅力

アパートに住んでいた頃から小さなプランターを使用してトマトや大葉などを小ぢんまり栽培していました。

もともと家庭菜園のようなものとは無縁だったのですが、たまたま懸賞で苗が当たったことがきっかけで栽培を始めたところ、育っていく様子が楽しく、また収穫して食べるのも大変嬉しいものでした。

畑を持ちたいと思うほどではありませんが、もっといろいろなものを育ててみたいと思うようになり、庭付きの一戸建て住宅を夢見ていました。輸入住宅のようなおしゃれな家は魅力的です。

結婚し、仕事の都合で住み替えを考えたときに、マンションも一戸建ても両方検討しました。

ただ、一階ならまだしも、マンションの高層階になると虫がよりつかないため、栽培が難しくなります。

また、排水口などへ土が流れてしまわないようにするためにもかなり気を使いますし、置型なのでないとは思いますが、プランターなどの落下の心配もありました。

そんな中、駅から少し離れますが緑が多く庭付きの戸建てを望める場所があり、家族と相談し庭のスペースを取っての一戸建て住宅に決めました。輸入住宅は庭がよく映えます。

隣接する住宅との間隔もきちんととり、庭に日が当たるように考慮。

とても満足の行くものになりました。
好きなように設計できるのも輸入住宅の魅力かもしれません。

はじめは今まで育てていたものにプラスして豆類などを育ててみました。

周辺の環境も良かったのか、受粉などもきちんと自然に行われます。

翌年は二階のベランダからロープを張り、つるの多い野菜でグリーンカーテンを作ることもできました。

育てる楽しみと食べる楽しみが増えています。

小さな庭ですが、家庭菜園のお陰で季節を感じられ、また、ちょっとだけ家計も助かっています。

はじめは自分だけが楽しんでいたものですが、次第に家族も一緒に育てることを楽しんでくれるようになり、草むしりや収穫なども率先してやってくれます。

家庭菜園は年齢を問わず楽しめることなので、これからずっと暮らしていくこの一戸建てがますます愛しいものになっています。

好きなことができる家を建てられたことに大変満足しています。
これから輸入住宅を建てる方は庭にこだわるのもおすすめですよ。

PR|住宅リフォーム総合情報|サプリメント|生命保険の口コミ.COM|生命保険の選び方|工務店向け集客ノウハウ|貯蓄|内職 アルバイト|GetMoney|SEOアクセスアップ相互リンク集|家計見直しクラブ|童話|英語上達の秘訣|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科|サプリメント|